​CATEGORY

​ARCHIVES

日本振袖始


久しぶりに文楽を鑑賞して参りました。

岩長姫、、、強烈でした。。。

姫を遣われた桐竹勘十郎さんに感動。

生贄の稲田姫を食べるまでに、毒酒を瓶ごと口をつけて飲み干していく岩長姫(大蛇の化身)の艶めかしさ。

その顔が一瞬にして目を剥き、口が裂け、角を出し鬼と化し、次の瞬間また美しい姫の顔に戻る。「ガブ」というからくりの頭だから出来ることだと分かってはいながらも、その瞬間瞬間にゾッとしました。

八岐大蛇もまた大きくて目に鮮やかで、動きもリアルで見入りました。

加えて、太夫さん四人、お三味線五人、それに胡弓に笛、鼓と圧巻の演奏で素晴らしかったです。

とても勉強になりました。

文楽、面白い!!!

皆さんも是非、秋の公演観に行かれませんか?


©Yoshimura Nao 2012 All Rights Reserved.