1/4

扇子一本と身体一つで、森羅万象、花鳥風月、人の心の機微まであらわす。

その姿に憧れ、上方舞の世界に入りました。

舞の魅力を一人でも多くの方にお伝えする、そのほんの一端でも担えればと存じます。

​吉村 奈尾

 
 
 

 上

に方

つ舞

て   

about Kamigatamai

%25E8%258C%25B6%25E9%259F%25B3%25E9%25A0

 上方舞は、江戸時代中頃から終わりにかけ、上方(京阪地域)で発生した日本舞踊の一種で、日本伝統芸能の中でも歴史の新しい芸能です。能・人形浄瑠璃・歌舞伎等先行芸能から多分に影響を受け、それらの良き要素を取り入れ、独自のジャンルへと形成されてまいりました。

 主に座敷で舞われていたことから、至近距離での鑑賞に耐える細やかな動き、表現方法を特徴とします。伴奏には、三味線音楽中最も古いとされる「地唄」という楽曲が多く用いられるため、「地唄舞」とも呼ばれます。

 上方四流の内の一つである吉村流は、幕末に京都の御所に出仕した狂言師が始めた御殿舞を源流とし、明治初期に初世(吉村ふじ師)が大阪に移り流儀の歴史が始まりました。その後、四世(吉村雄輝師・人間国宝)の代で東京へ進出し、続く五世(吉村雄輝夫師)、六世(吉村輝章師)へと継承されています。

 

吉村 奈尾 Yoshimura NAO

平成18年 上方舞吉村流に入門

平成21年 名取免状取得(吉村なを)

平成24年 第49回なにわ芸術祭「新進舞踊家競演会」にて新人賞受賞、

     並びに大阪府知事賞、大阪市長賞受賞

平成26年 上方舞吉村流師範免状取得

​令和元年 吉村輝尾師に師事、奈尾に改名

​令和 2年 第一回「かりがねの会」開催

同  年 文化庁芸術祭新人賞受賞

令和 3年 各流派合同新春舞踊大会大会賞受賞

公益社団法人 日本舞踊協会会員

NHK文化センター京都教室 講師

吉村奈尾 プロフィール写真.jpg
 
 

知らせ

News

​第2回 かりがねの会 ~秋のお浚い会~

2021年11月14日 於:冬青庵能舞台

​第48回 京の会

2021年9月5日 於:先斗町歌舞練場

NHK文化センター京都教室 上方舞講座開講

2020年4月スタート 於:NHK文化センター京都教室

 
吉村なを 2013流しの枝 宝蔵寺 (2)_edited.jpg

稽古について

Lesson

 文化・芸術が息づくまち、京都でのお稽古です。

 舞のお稽古は、ゆったりしたテンポの曲が多いため、初心者の方でも無理なく始められます。まずは姿勢、お辞儀や歩き方、お扇子の扱い方に始まり、次第に曲へと入っていきます。年齢、性別、国籍や経験問わず、どなたでもいつからでも始めていただけます。「着物を上手に着たい」「所作を美しくしたい」「運動不足を解消したい」「一曲でも何か舞ってみたい」等、入口は沢山ございますし、人それぞれです。

 ご興味を持たれたら、まずは舞の世界へ一歩足を踏み入れてみませんか。そして、続けていかれるうちに、きっと沢山の発見に出会われることと思います。

稽古

​場

Lesson Room

​・ 個人レッスン

​宝蔵寺稽古場

伊藤若冲ゆかりのお寺、宝蔵寺のお稽古場です。

各方面からの交通の便も非常に良い場所です。

基本的には一対一の個人レッスンですが、少人数でのグループレッスンも可能です。

見学、体験随時受け付けております。

お気軽にお問合わせください。

日 時:火曜・木曜 13~20時で時間応相談

    基本は月3回(どちらかの曜日)

    一稽古 40分~1時間程            

お月謝:12,000円
持ち物:浴衣/着物、足袋
    お扇子(体験時は貸出しいたします)

お問合せ:下記お問い合わせフォームより

      又は 電話: 090-8466-6478 まで  

                        

※新型コロナウィルス感染症拡大に伴い、現在は

 修学院稽古場のみにて対応させて頂いております。

アクセス

・阪急電車「河原町駅」下車 徒歩約5分
・京阪電車「四条駅」又は「三条駅」下車 徒歩約7分
・各社バス「四条河原町」又は「河原町三条」下車徒歩約3分

住所

京都市中京区裏寺町通蛸薬師上ル裏寺町587

 

​修学院稽古場

吉村奈尾の自宅稽古場です。

静かな環境にある板の間のお稽古場です。

こちらも基本的には一対一の個人レッスンですが、

2~3名のグループレッスンも可能です。

見学、体験随時受け付けております。

お気軽にお問合わせください。

 

日 時:火曜・木曜 13~20時で時間応相談

    基本は月3回(どちらかの曜日)

    一稽古 40分~1時間程            

お月謝:12,000円
持ち物:浴衣/着物、足袋
    お扇子(体験時は貸出しいたします)

お問合せ:下記お問い合わせフォームより 

​     又は 電話: 090-8466-6478 まで  

アクセス

・叡山電鉄「修学院駅」より徒歩約3分

・市バス⑤・65・㉛系統「修学院離宮道」より徒歩約2分

・京都バス⑰・㊶・㉑系統「修学院駅前」徒歩約4分

住所

京都市左京区山端壱町田町​(詳細はご見学の際お伝えします)

​・ グループレッスン

​NHK文化センター京都教室

アクセス

・阪急京都線「烏丸駅」東改札口より徒歩約4分

・地下鉄烏丸線「四条駅」北改札口より徒歩約7分

・京阪「祇園四条駅」より徒歩約12分

・市バス「四条高倉」バス停より徒歩約1分

●京都駅からは地下鉄かバスかタクシーをご利用ください。

京都市下京区四条通柳馬場西入ル  四条SETビル3F

住所

2021年4月開講の教室、グループレッスンのみとなります。

夜間の講座ですので、お勤め帰りの方でもご参加して頂き

やすいお時間帯です。


日 時:第2・第4金曜日 19時~20時半
講 師:吉村輝尾(監修)

    吉村奈尾(講師)
持ち物:浴衣/着物、足袋
    お扇子(体験時は貸出しいたします)
お申込み・お問合せはこちら ☟
  

 
 

生徒さんの声

Student's Voice

 母の残した着物に一度は袖を通したい、その想いで70歳を過ぎてから舞を始めました。石の上にも三年、先生の言葉が少しずつ入ってきたような気がします。今は何も考えず、今日よりも明日、明日よりも明後日を夢見て、毎回のお稽古を大切にと考えています。​(70代 女性)

 吉村流の舞の振りが心に残っておりましたので、いつか習いたいと思っていました。やっと習う機会が出来、またお教室も自宅から近かったため入門させて頂きました。非常に丁寧に教えてくださいますので、頑張ってお稽古に励んでいます。(70代 女性)

 学生時代に日本舞踊を習っていたこともあり、仕事終わりに習える場所を探しておりました。見学時に拝見した先生の舞に感動し、即入門を決めました。多忙な勤務状況との兼ね合いで通えるか不安であるとお伝えすると、舞を楽しんで通ってもらえたらそれで良いと仰って頂きました。

 わずかな首の動きや足の運び方で人の心を掴んでしまう舞は、本当に不思議です。教えて頂いた内容をすべて吸収することができない自分がいつももどかしいですが、生徒の分かっていない所を汲み取って下さり、根気強く丁寧に教えてくださいます。私達生徒も真剣に取り組んでいますが、先生ご自身がいつも勉強されており、舞に向き合っておられるその姿に生徒も感化され、私も上方舞のエッセンスをわずかでも習得できればと日々奮闘しています。(30代 女性 会社員)

 以前付いていた師匠が亡くなり、しばらく日舞のお稽古を辞めていました。友人の勧めで上方舞の体験レッスンに参加し、奈尾先生に出会い、またお稽古したいなと思って入門いたしました。(40代 女性 看護師)

 以前から日本の伝統芸能には興味がありましたが、仕事が不定期で出張も多く、定期的に習い事をすることが出来ませんでした。しかしこちらのお教室では、定期的に通えない方やご遠方からの方には集中レッスンもなさること、また先生ご自身が幼少期より舞一筋で来られた方ではなく、広い視野をお持ちでお話がしやすい方であったことから、入門させて頂いた次第です。60代の全くの未経験者にとりましては、舞のお稽古が普段使わない筋肉を鍛えることになると伺ったことも入門の動機の一つとなりました。

​ 先生から懇切丁寧に細かい所まで具体的にお教え頂けることが大変有難く思っております。また自分自身が舞い手になることで、観客として拝見する以上に、上方舞の魅力を更に知ることが出来ました。(60代 女性 通訳ガイド)

Q&A

お稽古についてのよくある質問です。ご参考にして頂ければ幸いです。

Q.まったくの初心者ですが大丈夫ですか?

A. 大丈夫です。当教室では、マンツーマンでその方の進度に合わせてお稽古しておりますので、ご  

心配なく、まずは見学・体験をして頂き、雰囲気を味わっていただくことをおすすめします。

見学・体験は随時実施しておりますので、お気軽に本サイト「お問合せフォーム」からお問い合わせの上、お越しください。

Q.  自分で着物が着られなくても大丈夫ですか?

A. 大丈夫です。着られない方には着付けから丁寧にお教えします。まずは浴衣から始められれば良いと思います。着物も慣れれば徐々に早く着られるようになります。ポイントを押さえて、回数こなすことです。

 

Q.    お稽古を始めるにあたって、最低限必要なものは何でしょうか?

A.  浴衣、反幅帯、下着、腰ひも、白足袋です。お扇子は、体験時はお貸しいたしますが、消耗品ですので、入門後は購入されることをお勧めいたします。浴衣もお着物もお持ちでない方はまず浴衣から、そしてお稽古を続けられるうちに、徐々にご用意されていかれたらよいと思います。お手持ちのお扇子が使えるかどうかのご質問もよくございますが、お稽古に使用できるものかどうか見させていただきますので、一度お持ちください。

 

Q. お稽古にはどのような服装で伺えばよろしいですか。

 A.   お稽古場の着替え室でお着替えして頂けますので、普段着でお越しいただいて結構です。お着物を着て来られる方もいらっしゃいます。

Q. お稽古はどのくらいの時間ですか?

A. 一回のお稽古は凡そ40分~1時間程度ですが、その方の集中力や体力等をみて、その時々で判断させて頂いております。例えば、演目の大きさによっては長くなってしまう場合もありますし、始めて間もない方にあまり長時間沢山の事を詰め込み過ぎても訳が分からなくなってしまいます。体調等も考慮しながら、その時々で調整いたしております。

Q. 仕事が忙しく、お稽古に通い続けられるか不安です。

A. お仕事がお忙しい方も、来られるときには来て、しばらくお休みになられこと等ありながらも、何年も通い続けておられる方いらっしゃいます。「やってみたいな」と思われるのであれば、一度始めてみられることをお勧めします。お稽古していくうちに、どんどん好きになって面白くなっていけば、その愉しみのために何とか時間を確保するようになられるかもしれません。お仕事が忙し過ぎて数か月間休まれ、また復帰して来られた方もいらっしゃいます。

 

Q.   休んだ時の振替は出来ますか?

A.    申し訳ございませんが、振替は出来かねます。当稽古場は完全時間予約制の個人稽古です。どうても別日でお稽古を希望される場合は、講師が特別に時間を確保することとなりますので、お謝とは別に追加稽古料をお納め頂くこととなります。

Q.どんな生徒さんがおられますか?

A.30代から70代まで、様々な世代、バックグラウンドやご職業の方々がお稽古されています生徒さんの声)。お稽古には年齢・性別・国籍を問いません。

 

Q. 振りを覚えられるかどうか心配です。

A. 振りを覚えることは、人によって得手不得手がございます。あっという間に覚える人もあれば、中々入っていかないという人もいます。例えば入門曲の地唄『高砂』は5分の曲ですが、3か月で次の曲に進む方もいれば、一年かかる方もみえます。個人レッスンの良さは、そういった個々のペースにあわせて進められるところにあります。

 

Q. 発表会は必ず出なければならないのでしょうか?

A. 希望者のみです。発表会は大きく分けて2種類ありまして、本衣装・鬘をつけ、白塗りの舞台化粧をしての本舞台となりますと、費用はやはりそれなりに掛かります。もう一方は、小規模なおさらい会で、衣装はご自分のお着物を使用し、お会費は3~5万円程です。どちらも強制ではございせん。ただ、出来れば一度は出演されることをお勧めいたします。なぜなら、人に見られることで磨かれるは非常に大きく、上達も早くなるからです。試された上で、お稽古だけで十分だと思われたら、以降は不参加とされたら良いと思います。

Q.   日本舞踊はお金がかかると聞きますが、どういうところに掛かるのでしょうか。

A.   名取、および師範免許を取得される場合や、衣装鬘付の本舞台等に出演される場合、相応の費用は掛かります。しかし、先述しましたように、希望者のみですので、日頃のお稽古と小規模のおさらい会への出演のみでしたら、他のお稽古事とさほど変わらないかと思われます。

  

Q.   ある程度の年数習ったら名取をしなければならないのでしょうか?

A. 希望者のみです。ご本人が希望されたら名取試験に向けてお稽古スタートいたします。こちらからお声がけさせて頂く場合もありますが、決して強制ではございません。師範免許についても同様ですが、師範試験に合格後は、お弟子さんを育てることが可能になりますので、人に教えたいとお考えの場合はまずお名取される必要があります。

 
 

お問合せ

contact 

お問合せはこちらへお願いいたします。

メッセージを送信しました

・ ご入力いただきました個人情報(お名前、メールアドレス、本文)は、お問い合わせ対応のためのみに使用させて頂きます。
・ お問い合わせ内容によっては、お返事を差し上げるまでにお時間をいただく場合もございます。
  また、こちらからお返事させて頂くことが適当でない場合には、お返事を差し上げられない場合もございます。
  あらかじめご了承ください。