1/2

扇子一本と身体一つで、森羅万象、花鳥風月、人の心の機微まであらわす。

その姿に憧れ、上方舞の世界に入りました。

舞の魅力を一人でも多くの方にお伝えする、そのほんの一端でも担えればと存じます。

吉村 奈尾

 
 

 

に方

つ舞

   

Kamigatamai

 上方舞は、江戸時代中頃から終わりにかけ、上方(京阪地域)で発生した日本舞踊の一種で、日本伝統芸能の中でも歴史の新しい芸能です。能・人形浄瑠璃・歌舞伎等先行芸能から多分に影響を受け、それらの良き要素を取り入れ、独自のジャンルへと形成されてまいりました。

 主に座敷で舞われていたことから、至近距離での鑑賞に耐える細やかな動き、表現方法を特徴とします。伴奏には、三味線音楽中最も古いとされる「地唄」という楽曲が多く用いられるため、「地唄舞」とも呼ばれます。

 上方四流の内の一つである吉村流は、幕末に京都の御所に出仕した狂言師が始めた御殿舞を源流とし、明治初期に初世(吉村ふじ師)が大阪に移り流儀の歴史が始まりました。その後、四世(吉村雄輝師・人間国宝)の代で東京へ進出し、続く五世(吉村雄輝夫師)、六世(吉村輝章師)、そして現在は七世(吉村輝之師)へと継承されています。

 

吉村 奈尾 Yoshimura NAO

平成18年 上方舞吉村流に入門

平成21年 名取免状取得(吉村なを)

平成24年 第49回なにわ芸術祭「新進舞踊家競演会」にて新人賞受賞、

     並びに大阪府知事賞、大阪市長賞受賞

平成26年 上方舞吉村流師範免状取得

​令和元年 吉村輝尾師に師事、奈尾に改名

​令和 2年 第一回「かりがねの会」開催

同  年 文化庁芸術祭新人賞受賞

令和 3年 各流派合同新春舞踊大会大会賞受賞

公益社団法人 日本舞踊協会会員

NHK文化センター京都教室 講師

 
 

知らせ

News

2020年4月スタート 於:NHK文化センター京都教室

各流派合同新春舞踊大会 最終本選

2021年1月10日 於:国立劇場小劇場 ※無観客にて開催

2020年10月24日 於:金剛能楽堂/京都

 

稽古

Lesson

 文化・芸術が息づくまち、京都でのお稽古です。

舞のお稽古は、ゆったりしたテンポの曲が多いため、初心者の方でも無理なく始められます。まずは姿勢、お辞儀や歩き方、お扇子の扱い方に始まり、次第に曲へと入っていきます。年齢、性別、国籍や経験問わず、どなたでもいつからでも始めていただけます。

日常の慌ただしさから、舞の世界へ一歩足を踏み入れて、楽しく身体の使い方を学びましょう。

お稽古場  

 

お問合せ

contact 

お問合せはこちらへお願いいたします。
・ ご入力いただきました個人情報(お名前、メールアドレス、本文)は、お問い合わせ対応のためのみに使用させて頂きます。
・ お問い合わせ内容によっては、お返事を差し上げるまでにお時間をいただく場合もございます。
  また、こちらからお返事させて頂くことが適当でない場合には、お返事を差し上げられない場合もございます。
  あらかじめご了承ください。
©Yoshimura Nao 2012 All Rights Reserved.